MENU
「“聴こえ”に関わらず共に笑い合える社会を目指す。」
Please click the button below to change the language.

भाषा बदल्न तलको बटनमा क्लिक गर्नुहोस्।

聴覚障がいを身近にする絵本を小学生に届けたい!

デフシルとは?

デフシルは、日本とネパールにおける、
聴覚障がいへの理解促進を目指す団体です。

難聴の熊谷修平(代表)が大学生の頃に訪れたネパールで、初めてろう者と出会い、「俺も聞こえない世界で生きて良いんだ!」「”聴こえ”に関わらず共に笑い合える社会を創りたい!」「ネパールの聴覚障がい者に恩返ししたい!」という想いから設立した団体です。

私たちの想い

  • 人口の100人に6人が聴覚障がいを抱えている。
  • 聴覚障がいについて「知る」機会や「関わる」機会が無い。
  • 「障がい」は馬鹿にされるものだ。
  • カミングアウト後の友達の反応。
  • スムーズなコミュニケーション
  • “聴こえ”の垣根を超えて生きていく。
  • デフシルの役割。

ここでは書ききれない経験や想いを込めました。
是非一度目を通してみてください。
代表:熊谷修平

応援してくださっている皆様

中川 夜
中川 夜

1991年生まれ。ろう者ライター&作家。聴覚と精神の重複障害者。
自著『会社でいじめられて人生おわりそうだったぼくが「あること」をしたらすべてが変わった』
『自分を人の10倍知り尽くす習慣』等をAmazonで発売中。
お仕事依頼は nakagawayoru★gmail.comまで。(★を@に変えてください。)

福原 弘志
福原 弘志

1996年生まれ。コピーライターとして「①クライアントや商品の魅力を伝える仕組みづくり」「②組織をまとめるスローガンづくり」など、言葉を軸に様々な人の取り組みをサポートしている。
お仕事の相談はこちら:soudai6fuku★gmail.com (★を@に変えてください。)

藤森 遥
藤森 遥

中国に住んでいる日本語の先生。言葉を勉強したり教えたりすることが好きで、この仕事をしている。現在は中国語の勉強に励む日々を送っている。最近の趣味はヨガ。開脚180度を目指し奮闘中。

貝森 蓮
貝森 蓮

スポーツをするのが好きで、最近は顧問になったソフトテニスに挑戦中。
大学四年時に休学をしてバンクーバーにある語学学校に留学。英語の発音や発声について学ぶ。日本に帰国し、英検一級を取得。
英語教育に関する本を読み、自分のクラスで実践することにはまっている。
夢は岩手県の英語教育を牽引するような教員になること。

参加・支援方法

  1. ①デフシルを皆さんのSNSなどでご紹介ください!⇨
  2. ②”聴こえ”に関わるストーリーを持った方をご紹介ください!
  3. ③新しいプロジェクトと、ネパールメンバーの雇用創出のため、ご寄付ください!⇨

メディア掲載

お問い合わせ

デフシルの活動についての質問や提案など、気軽にご連絡ください。
講演やお仕事のご依頼もお受けいたします。代表の熊谷修平とビデオ通話も可能です。
読者の皆様と共によくしていける団体でありたいと思っています。