MENU

ヤマモト マキコ(まっこ)

ヤマモト マキコ(まっこ)🇯🇵
趣味・特技:バレーボール/駅伝観戦/人と人をお繋ぎすること

京都府北部の海に囲まれた京丹後市生まれ。両耳感音性難聴による聴覚障害。(完全失聴)

地域の普通学校に通い、大学入学後に手話を学び始める。大学卒業後は全日本ろうあ連盟傘下の青年部で役員活動を始める。現在は趣味の一環として地域でバレーボールサークルを運営しており、そこで手話の啓発も行なっている。

数年前に【聴覚障害者連盟同士の国際協力】をテーマにフィンランドへ留学。世界ろう連盟 および フィンランドろう協会や近隣国で研修、研究、取材活動を行なう。帰国後、【手話と字幕の番組 ”目で聴くテレビ”】で留学報告番組に出演したことをきっかけに手話キャスターを3年間務める。同時に京都大学アジアアフリカ地域研究専攻の社会人プログラムを修了し、現在は国際協力や教育改革事業に向けて活動中。

座右の銘は、
🌸1回会えば3楽しんで&学んで&喜んでいただく
🌸前例が無いならば自分で創る✨
🌸可能性は広く深く!

「今後は発信源となって、あらゆる方法で聴覚障害や手話について啓発し、国際協力活動をしたい」と強く志していたところ、ネパール人スタッフのスニタを通じて代表のしゅうへいと出会う。かねてからの「貧困や饑餓に苦しむ人々や、国の情勢で著しく身体を傷つけられる子どもたちの安全な生活の保障ができる取り組みをしたい」という夢に少しでも繋げてゆくことが出来ればと考え、デフシルのメンバーに。