活動内容⑤

活動内容⑤:絵本製作プロジェクト

この絵本プロジェクトは、「メディアを通して聴覚障がいについて知る機会が少ないこと」、「子どものうちから聴覚障がいに触れる機会を創りたい!」という気づきと想いから発足しました。

企画目的
 「聴こえに関わらずともに笑い合える社会」の実現に向けた具体的なアクションとして、聞こえる読者(小学生とその関係のある人たち)が聴覚障がいに触れる機会を絵本で創出することを目的とします。

企画概要と社会的意義
 この企画は、A「聴覚障がいに関する絵本を製作する事」、B「完成品を寄贈する事」、C「模擬授業動画や授業案の提案などを行う事」の3点によって構成されています。
 寄贈については、企画に賛同いただけた自治体および小学校、個人に必要数を団体の可能な範囲で無償にて提供します。「教育現場で活用しやすい絵本」という特徴を持った絵本を無償提供することは、「聴覚障がい」への関心や理解促進に寄与する材料としての役割を担い、この企画の持つ社会的意義となっています。製作費用は、今年の実施予定のクラウドファンディングと助成金で集める予定です!